イベルメクチンでCOVID-19対策を始めるための方法とは

 

イベルメクチンがどのように効果を発揮するのか?

「イベルメクチンがどのように効果を発揮するのか?」のイメージ画像

新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待されているイベルメクチンですが、このイベルメクチンが一体どのようにして新型コロナウイルス感染症を改善へと導くのでしょうか?
こちらのページではそんなイベルメクチンの持つ作用について紹介していきます。

新型コロナウイルス感染症はCOVID-19に感染し、体内でCOVID-19が増殖することによって発症します。
イベルメクチンには、メインプロテアーゼと呼ばれる酵素の作用を阻害します。この酵素はウイルスRNAによって作られたタンパク質を切断する酵素であり、酵素の働きが阻害されることでウイルスが増殖できなくなるのです。
この作用によって、ウイルスが侵入したとしても増殖することができずに新型コロナウイルス感染症の発症を予防するのです。

これとは別に、イベルメクチンにはサイトカインの産生を抑制します。サイトカインが作られると炎症を引き起こしてしまいます。新型コロナウイルス感染症の場合は、肺炎などの炎症を抑制するという効果になるため、新型コロナウイルス感染症の重症化を防ぐことで、万が一感染症が発症したとしても、重症化を防いで改善するという効果に期待ができます。

このように、ふたつの作用によって効果を発揮することからイベルメックチンが新型コロナウイルス感染症の治療薬として非常に高い注目を集めているのです。


TOP